振袖豆知識

振袖の豆知識

歩き方

イメージ画像1

姿勢良く、歩幅を狭く、少し内股で、おしとやかにゆっくりと歩きます。

姿勢
あごを引き、腰をやや引きぎみに、さらに肩の力を抜きます。背すじから首すじを伸ばすように意識すると、さらに上品になります。
歩幅
振袖の裾がはだけないくらいの、いつもより小さい歩幅で歩きます。
内股
足の指先を外側に向けないようにします。

美しく歩きやすくするには、 まず『裾割』をします。
足を肩幅に開き、裾を左右に開くよう膝を軽く2~3回曲げます。(軽くスクワットするような感じです。)
その後裾はきちんと直しておきましょう。

パタパタと音を立てたり、ぞうりを引きづるような歩き方はせっかくの振袖も台無しですので注意しましょう。

手を上げる時

振袖の袖口は大きく開いていますので、手を上げる際には注意が必要です。
両脇をしめ、手首の袖口をかるく押さえるようにしましょう。
袖口から二の腕や長じゅばんが見えると見苦しく、品が悪く見えます。

車に乗る時

イメージ画像2

乗るときは乗車口を背にしてお尻から先に、腰・頭・上半身の順に車に入れます。
袂を合わせて片手に持つと、どこかに引っかかる心配も無いので安心です。
帯下で袂をおさえ、もう一方の手でひざ裏を押さえながら座ると、裾が乱れません。
最後に、体を90度に回しながら足を揃えて車内に入ります。

車内では、帯をつぶさないようにシートに浅く腰掛け、腰の後ろにバックを置きましょう。
前の座席につかまると、体を支えられて安心です。

降りるときは、乗る手順の逆で、足・頭・体の順で車から出ます。
車から降りたらおはしょりや帯をチェックし、着物の乱れを直しましょう。

トイレの時

イメージ画像3

トイレは洋式を使用したほうが、楽に動けます。

袖は帯締めや帯の中にしまっておきます。
両袖とも左右それぞれ腕に一周巻きつけて残った袖を帯の下に差し込むと、腕が自由に動かせます。
洗濯ばさみを用意しておけば、袂を折りたたんでひとまとめにできます。洗濯ばさみだと皺になりにくいのでオススメです。

裾は外側から順に、上前、下前、長襦袢、裾よけの順に持ち上げ、帯の上に挟みます。
着物が落ちないように気をつけましょう。
トイレが済んだ後は、持ち上げた順番と逆の順番に戻します。
裾や帯が元通りに戻せているか、崩れがないかをしっかりチェックしましょう。

手を洗うときは、袖口を2〜3回折り返して、濡れないように注意してください。


ピックアップコンテンツ

  • 振袖の豆知識
  • 式典情報
  • 振袖フルセット50%OFF!
  • マネージャーのブログ

コンテンツ

  • NEWS
  • 運営会社
  • Privacy Policy
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

運営会社

WEDDING BELL
〒670-0965兵庫県姫路市東延末2丁目62
079-284-5710【定休日】毎週水曜